お知らせ・ブログINFORMATION

借地???

2021/03/30(火)
こんにちは。今日は借地のお話です。ある地主様から、「上物の持ち主様と土地返還の交渉をしてほしい・・・」と依頼を受けました。

通常、建物とその建物が建っている土地は同一の所有者ですが、昔は土地を借りて(借地)、建物だけを自分のものとして所有している方も少なくはなかったようです。

現在は借地上に建築しようとしても、やはり土地が他人の物・・・となると、融資が厳しいです。当たり前ですが土地に担保を設定できないからです。

依頼を受けた際、すでに地主様は弁護士に依頼し、借地人さんへは何かの書類が届いていました。受け取った側も何をどうすれば・・・といった風です。

結論からお話ししますと、当社にて、この土地賃貸借契約は「合意解約」という形で解決し、地主様、借地人様ともに納得いただきました。

大切なことは、「立派な文章」ではなく、「お話を伺う」ことなんですね。

こうして、土地建物が同一所有者である、「本来の形」へ戻りました

不動産業者は、売ったり買ったり、貸したり借りたり、するだけではありません。

お困りの際はぜひお声かけください。髙橋でした。